JMAX THEATER 上越

スタッフブログSTAFF BLOG

 

【上越】『うちの執事が言うことには』上映が決定いたしました!

2019.05.31 投稿

皆様こんにちは♪

上越のキンプリファンの皆さま大変長らくお待たせいたしました...

皆様の熱いリクエストにお応えして、

6月28日(金)より上映
『うちの執事が言うことには』

上映が決定いたしました!

永瀬 廉[King & Prince] 映画初主演!
若き当主×仏頂面の執事 ミステリー界に不本意コンビ誕生!!

極上のミステリーを
是非当劇場のスクリーンでご堪能ください...

皆様のご来場心よりお待ちいたしております♪

J-MAX THEATER上越

■公式サイト
http://www.uchinoshitsuji.com/

■ストーリー
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった烏丸花穎(からすま・かえい)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。
突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急いで留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)だった。
父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。
まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。
そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。
親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(あかめ・ときや)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・
烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。
果たして、花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのか―。

 

【上越・とやま】『愛がなんだ』上映決定いたしました!

2019.05.10 投稿

皆様こんにちは♪

GWも終わり、新元号令和になった今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?

素敵な作品の上映が決定致しました!

『愛がなんだ』
とやま:5月24日(金)より上映
上越:6月7日(金)より上映

上映が決定!

直木賞作家=角田光代が2003年に発表した「愛がなんだ」は、平凡なOLテルコの“究極の片思い”を描くパンチのきいた恋愛小説。全力疾走で一方通行の恋を駆け抜けるテルコの日々を、一人称の濃密な筆致で綴った本作が、舞台を現代に移して映画化!

岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也といった若手実力派が集結し、恋愛映画の旗本 今泉力哉がこの“究極の片思い”を描く。

好きと言えないすべての人へ贈る『愛がなんだ』。
是非当館のスクリーンでご堪能ください♪

皆様のご来場心よりお待ちいたしております。

J-MAX THEATER上越
J-MAX THEATERとやま

■ストーリー
猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた瞬間、テルコの世界はマモちゃん一色に染まり始める。会社の電話は取らないのに、マモちゃんから携帯に連絡が入ると秒で取り、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。どこにいようと電話1本で(あくまでさりげなく)駆け付け、平日の朝いきなり「動物園に行こう」と言われると余裕で会社をぶっちぎる。呆れる女友達の助言はへらへら聞き流し、ついに会社をクビになっても、これ幸いとばかりにマモちゃんの家の雑事を嬉々としてこなす。だがそんな幸せ絶頂の日々は、突然終わりを迎える。自分の何が悪かったのか?悶々としながら失意のどん底に落ちるテルコだったが、ようやく自分をリセットして職探し……と思った矢先に、再びマモちゃんから連絡が。どこまでも“自分系”のマモちゃんに振り回されるテルコの、狂暴で愛おしい片思いの行方は……?

■公式サイト
http://aigananda.com/

©2019映画「愛がなんだ」製作委員会

    1

    ページトップへ戻る

    © JMAX THEATER .ALL RIGHTS RESERVED.