JMAX THEATER とやま

スタッフブログSTAFF BLOG

 

【とやま】9/29(土)『散り椿』木村大作監督による舞台挨拶が行われました。

2018.09.29 投稿

9/29(土)映画『散り椿』の舞台挨拶に木村大作監督が登壇されました。

富山県でも多くのロケが行われた映画『散り椿』。
監督は同じく富山を主な舞台として撮影された『劒岳 点の記』の木村大作監督。

舞台挨拶では作品づくりについてのお話や劇中シーンの解説にお客様、
スタッフ共に聞き入っている様子でした。
また主演の岡田准一さんの演技に関するエピソードなどもお話いただきました。

当館では一番大きなスクリーンでの上映となりましたが、
マイクなしで作品について力強く語られる姿や、時折の冗談に楽しそうなお客様は、
より一層、木村大作監督のファンになっていかれたようでした!

富山県での撮影地を紹介した『ロケ地マップ』や作品紹介も、現在当館1階にて展開中です!

第42回モントリオール世界映画祭、審査員特別賞を受賞した、
映画『散り椿』はJ MAX THEATERとやまで、9/28(金)より公開中です。
一度ご覧の方も、まだご覧になっておられない方も、皆様お誘い合わせの上、是非御鑑賞下さい。

STORY
享保15年。藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。
『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』というものだった。
新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。
そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。

【キャスト・スタッフ】
岡田准一 西島秀俊 黒木華 池松壮亮 麻生久美子
緒形直人 新井浩文 柳楽優弥 芳根京子 駿河太郎 渡辺大
石橋蓮司 富司純子 奥田瑛二

監督・撮影:木村大作 
脚本:小泉堯史
コピーライト :©2018「散り椿」製作委員会
公開日 :2018年9月28日

公開情報 :全国東宝系にてロードショー

公式サイト :http://chiritsubaki.jp/

  • 1

    ページトップへ戻る

    © JMAX THEATER .ALL RIGHTS RESERVED.