JMAX THEATER 上越

スタッフブログSTAFF BLOG

 

【上越】12月のオススメ作品『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』をご紹介!

2020.11.21 投稿

皆様こんにちは♪

またまた勝手に個人的オススメ作品をご紹介させていただきます!
(いつも不定期ですみません・・・)

本日ご紹介する作品は、、、

12月4日(金)より上映
『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』
(2週間限定上映)

おそらく映画にお詳しい方ならお分かりかと思いますが、製作はあの[スタジオライカ]!

そうです!『コララインとボタンの魔女』、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などの
超絶技巧のアニメ表現で世界を魅了し続ける製作スタジオの最新作です!

本作は『トイ・ストーリー4』、『アナと雪の女王2』等を抑えストップ・モーションアニメとして史上初となるゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞を受賞!
自分勝手で風変わりな英国紳士が、もっと変わった生きた化石を“秘密の相棒”にして、人類の《(ミッシング・リンク(失われた環)》の謎に迫る冒険物語!

スタジオライカにしか表現できない唯一無二の映像体験、是非当館にてご堪能ください!
ご来場お待ちいたしております♪

J-MAX THEATER上越

■ストーリー
 ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家のライオネル卿は、伝説の生物の存在を探し求めて、アメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、巨体で全身毛むくじゃら、人間の言葉を話す少しおっちょこちょいの生きた化石だった!ひとりぼっちで仲間に会いたいと願う―その名も“Mr.リンク”と野心家のライオネルは地球の裏側にある伝説の谷シャングリラを目指す。超ユニークな凸凹バディが、壮大な旅路の果てに発見する、世界の常識を覆す“驚くべき真実”とは―?

~“ミッシング・リンク”とは?~
生物進化の過程を鎖に見立て、「失われた環」を意味する言葉。類人猿から人間へと進化する過程で、その中間をつなぐ未発見の生物のこと。(ダーウィン「進化論」考察より)

■公式サイト
https://gaga.ne.jp/missing-link

©2019 SHANGRILA FILMS LLC.

     

    【上越】『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]Ⅲ.spring song』上映決定!

    2020.09.26 投稿

    皆様こんにちは♪

    上越の皆様大変長らくお待たせいたしました・・・

    10月3日(土)より上映
    『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]Ⅲ.spring song』
    ※2週間限定上映
    決定いたしました!!

    手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いた、ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。劇場版アニメ三部作として紡がれる最終ルート[Heaven’s Feel](通称・桜ルート)が、ついに完結。
    アニメーション制作を担当するのは、2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が第一章、第二章に続いて監督を務めます。
    2019年に公開された第二章[lost butterfly]は109万人を動員、興行収入は16.7億円を記録。2017年に公開された第一章[presage flower]を上回る成績を収めました。
    第三章は「聖杯戦争」の真実と、少年と少女の物語の結末が語られるエピソード。
    全三章で贈る[Heaven's feel]がたどり着く場所とは──第三章[spring song]は咲き誇り、奏でられる。

    是非当館にてご鑑賞ください!
    ご来場心よりお待ちいたしております♪

    ■ストーリー
    「俺は、桜にとっての正義の味方になるって決めたから」
    少年は、真実からもう目を逸らさない。
    少女を救うために。自分の選んだ正義を貫くために。
    魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が
    万能の願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。
    その戦いは歪んでいた。
    ひとりの少女――間桐 桜は犯した罪と共に、昏い闇に溺れてしまった。
    桜を守ると誓った少年・衛宮士郎は遠坂 凛と共闘し、
    「聖杯戦争」を終わらせるため、過酷な戦いに身を投じる。
    イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知る者として、
    その運命と向き合い、間桐臓硯は桜を利用して己が悲願を叶えようとする。

    「だから──歯をくいしばれ、桜」

    激しい風に抗い、運命に挑む少年の願いは、少女に届くのか。
    終局を迎える「聖杯戦争」──。
    最後の戦いが、遂に幕を上げる。

    ■公式サイト
    https://www.fate-sn.com/

    ©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

  •  

    【上越】9月のオススメ作品『はちどり』をご紹介!

    2020.08.23 投稿

    こんにちは♪
    またまた気が早いですが、9月に公開される作品よりオススメをご紹介します!

    本日ご紹介させていただきたい作品は、

    9月11日(金)より上映
    『はちどり』(PG12)

    アカデミー賞®作品賞『パラサイト 半地下の家族』に次ぐ<2019年公開・韓国映画ベスト10*>第2位を獲得。38歳のキム・ボラ監督の少女時代の体験からヒントを得た本作は、2018年釜山国際映画祭での初上映を皮切りに、ベルリン国際映画祭をはじめ国内外の映画祭で50を超える賞を受賞。韓国では2019年8月に公開され、単館公開規模ながら観客動員15万に迫る異例の大ヒットとなった青春ドラマです。

    誰しも経験したことのあるだろう思春期特有の揺れ動く思い、家族や友人との関わりを繊細に描かれた珠玉の本作是非当館にてご堪能ください・・・♪

    ご来場お待ちいたしております♪

    ■ストーリー
    1994 年、ソウル。家族と集合団地で暮らす14歳のウニは、学校に馴染めず、別の学校に通う親友と遊んだり、男子学生や後輩女子とデートをしたりして過ごしていた。両親は小さな店を必死に切り盛りし、子供達の心の動きと向き合う余裕がない。ウニは、自分に無関心な大人に囲まれ、孤独な思いを抱えていた。
    ある日、通っていた漢文塾に女性教師のヨンジがやってくる。ウニは、自分の話に耳を傾けてくれるヨンジに次第に心を開いていく。ヨンジは、ウニにとって初めて自分の人生を気にかけてくれる大人だった。
    ある朝、ソンス大橋崩落の知らせが入る。それは、いつも姉が乗るバスが橋を通過する時間帯だった。ほどなくして、ウニのもとにヨンジから一通の手紙と小包が届く−。

    ■公式サイト
    https://animoproduce.co.jp/hachidori/

    ©2018 EPIPHANY FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.

     

    【上越】8月のオススメ作品『パブリック 図書館の奇跡』をご紹介!

    2020.08.09 投稿

    こんにちは♪

    久々の更新になってしまいました・・・
    夏休みも始まり皆様いかがお過ごしでしょうか?

    8月に公開する作品よりオススメを一本ご紹介させてください!

    8月28日(金)より上映
    『パブリック 図書館の奇跡』
    ※2週間限定上映

    監督・主演は皆様ご存じ、エミリオ・エステベス!
    監督作としては『星の旅人たち』以来となる10年振りの最新作となります!

    記録的な大寒波の到来によって命の危険を感じたホームレスの集団が、やむにやまれぬ事情に駆られて図書館のワンフロアを占拠。その突如として勃発した大騒動に巻き込まれたひとりの図書館員の奮闘を軸に、予測不可能にして笑いと涙たっぷりのストーリーが展開していきます。いくつもの社会的な問題提起をはらみながらも、温かな人間味に満ちあふれ、巧みなプロットのひねりや格別のサプライズも盛り込まれた映像世界は、観る者を魅了します。そして図書館にきらめく奇跡の瞬間を目撃し、そこに舞い降りた希望の愛おしさを噛みしめずにいられない感動作に仕上がっております・・・

    ある日突然“命の避難所”となった図書館を舞台に、サプライズ満載の人間模様と奇跡の瞬間を映し出す笑いと涙のフィールグッドムービー!

    是非当館にてご鑑賞ください!

    ご来場お待ちいたしております♪

    J-MAX THEATER上越

    ■ストーリー
    米オハイオ州シンシナティの公共図書館で、実直な図書館員スチュアート(エミリオ・エステベス)が常連の利用者であるホームレスから思わぬことを告げられる。「今夜は帰らない。ここを占拠する」。大寒波の影響により路上で凍死者が続出しているのに、市の緊急シェルターが満杯で、行き場がないというのがその理由だった。
    約70人のホームレスの苦境を察したスチュアートは、3階に立てこもった彼らと行動を共にし、出入り口を封鎖する。それは“代わりの避難場所”を求める平和的なデモだったが、政治的なイメージアップをもくろむ検察官の偏った主張やメディアのセンセーショナルな報道によって、スチュアートは心に問題を抱えた“アブない容疑者”に仕立てられてしまう。やがて警察の機動隊が出動し、追いつめられたスチュアートとホームレスたちが決断した驚愕の行動とは……。

    ■公式サイト
    https://longride.jp/public/

    © EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

     

    《一生に一度は、映画館でジブリを。》スタジオジブリ作品特別上映決定!

    2020.06.19 投稿

    皆様こんにちは♪

    6月26日(金)より特別上映
    『風の谷のナウシカ』
    『もののけ姫』
    『千と千尋の神隠し』
    『ゲド戦記』

    4作品の上映が決定いたしました!
    スタジオジブリ作品を映画館の大スクリーンで観られるチャンスですよ!

    是非当館にてご鑑賞ください!
    皆様のご来場心よりお待ちいたしております♪

    J-MAX THEATER上越

  •  

    【上越】公式Twitter始めました♪

    2020.02.12 投稿

    皆様こんにちは♪

    J-MAX THEATER上越、突然ですがTwitter始めました♪
    映画情報やイベント情報など呟いていく予定ですので、
    是非フォローしてみてください!

    皆様のフォローを心よりお待ちいたしております♪

    J-MAX THEATER上越

  •  

    【上越】歴史的快挙!『パラサイト 半地下の家族』アカデミー®賞《作品賞》受賞!

    2020.02.10 投稿

    皆様こんにちは♪

    第92回アカデミー®賞が発表されました!!

    今年の作品賞は『パラサイト 半地下の家族』となりました!

    アジア映画においてアカデミー®賞《作品賞》受賞は史上初となる歴史的快挙となります!

    作品賞のみならず《監督賞》、《脚本賞》、《国際長編映画賞》の最多4部門受賞!
    今年のアカデミー賞®は、正に『パラサイト』一色に染まりました!

    現在J-MAX THEATER上越にて絶賛上映中です!

    全世界で空前の大ヒット、もはや社会現象を巻き起こしている
    ネタバレ厳禁・予測不可能、映画のすべてが詰まった超一級エンターテイメントを是非
    J-MAX THEATER上越の大スクリーンでご堪能ください!

    皆様のご来場心よりお待ち致しております♪

    J-MAX THEATER上越

    © 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

  •  

    【上越】アカデミー®賞特設ブースを展開中です!

    2020.02.05 投稿

    皆様こんにちは♪

    授賞式が迫ってまいりました
    年に一度映画の祭典≪第92回アカデミー®賞≫授賞式!

    J-MAX THEATER上越では2月10日(月)の授賞式に先駆けまして
    当館にて上映中~近日上映のノミネート作品の特設ブースを展開中です!

    お近くにお越しの際は是非チェックしていただき、授賞式を楽しんでみてはいかかでしょうか?!

    皆様のご来場心よりお待ちいたしております♪

    J-MAX THEATER上越

  •  

    【上越】『パラサイト 半地下の家族』 2月7日(金)より上映決定!

    2020.01.18 投稿

    皆様こんにちは♪

    ポン・ジュノ監督最新作
    『パラサイト 半地下の家族』(PG12)

    本作の大ヒットを受けて、急遽公開日が2月7日(金)より上映となりました!
    1週間前倒しでの公開です!

    カンヌ国際映画祭[最高賞]パルムドール受賞を始め、
    ゴールデン・グローブ賞では韓国映画としては史上初の[外国語映画賞]を受賞。
    本年度アカデミー®賞では[作品賞]、[監督賞]などの主要6部門で堂々のノミネート!

    全世界が鳥肌熱狂した驚異的超一級エンターテインメント、
    是非、当劇場で体験して下さい!!!

    皆様のご来場心よりお待ちいたしております♪

    J-MAX THEATER上越

    ■公式サイト
    http://www.parasite-mv.jp/

    ■ストーリー
    全員失業中、“半地下住宅”で暮らす貧しいキム一家。
    長男ギウは、“高台の豪邸”で暮らす裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行く。
    そして兄に続き、妹ギジョンも豪邸に足を踏み入れるが…。
    この相反する2つの家族の出会いは、次第に想像を遥かに超える物語へと加速していく――。

    © 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

     

    新年のご挨拶

    2020.01.01 投稿

    新年あけましておめでとうございます

    昨年はたくさんのお客様にご来場いただき
    誠にありがとうございました。

    令和という新しい時代を迎え、2020年も多くのお客様にお楽しみいただける
    素敵な作品を取り揃えて、皆様のご来場を心よりお待ち致しております。


    本年もJ-MAX THEATERを、よろしくお願い申し上げます。

    J-MAX THEATER スタッフ一同

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

    ページトップへ戻る

    © JMAX THEATER .ALL RIGHTS RESERVED.