JMAX THEATER とやま

スタッフブログSTAFF BLOG

 

【とやま】1月28日(土)富山映像大賞 GALA(前夜祭)が行われました。

2023.01.30 投稿

いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

28日(土)、当館にて、「富山映像大賞GALA(前夜祭)」が行われました。

イントロダクションでは富山市出身、俳優の内浦純一さん、よしもと富山県住みます芸人のノビ山本さんにご登壇頂き、お二人の楽しいトークで会場を温めて頂きました。
メイントークイベントでは、富山映像大賞総合プロデューサーであり、東京藝術大学特任教授の伊東順二さん、吉本興業ホールディングス株式会社代表取締役会長 大﨑洋さん、富山市出身の映画監督、日本映画監督協会理事長の本木克英さんにご登壇頂き、恥ずかしがりやの富山県民の皆様が終始笑顔に包まれた前夜祭となりました。富山ならでは!の新コンビ(内浦純一さん&ノビ山本さん)も誕生しましたね!

ゲストの皆さんが体験された貴重なお話は今回の「富山映像大賞2023」のテーマである「命」と「ファミリー」に繋がるお話ばかりで、とっても深く、内容の濃い時間となりました。

水害、阪神大震災、病気など「命」に関わる経験や体験をされたからこそ夢を見つけて、今の人生を歩む姿や目標を持って取り組む姿は本当に素晴らしいことだと感じました。

また、東京藝術大学COI拠点チームの皆様が制作された映像にも心打たれるものがありました。
長くても短くても映像を通して伝えること、映像を通して学ぶこと、映像を通して涙したり、笑ったりすること、どんな発見があるのかはやってみないとわかりません。

2/1(水)~いよいよ受付開始です。
あなたもぜひ、応募してみませんか?
応募方法はこちら。

     

    【とやま】大好評!スタッフおすすめ作品★1/13(金)~1/26(木)「恋人はアンバー」★

    2023.01.14 投稿

    今日は、県内では当館のみ上映の映画「恋人はアンバー」をご紹介します!

    90年代半ば、アイルランドの田舎町。高校生のエディは父の後を継いで軍隊に入ることを望み、アンバーは自由な大都会ロンドンに引っ越すことを夢見ています。2人の共通点は同性愛者だということ。周囲にセクシュアリティを悟られないようカップルを演じることにした2人でしたが、やがてその“理想的”な関係は崩れ始め…。

    アイルランドで同性愛が違法でなくなってから2年後、1995年のアイルランドにある田舎町が舞台の本作。同性愛者に対する差別や偏見が根強く残るなか、自分らしく生きることを求めながら、特別な関係を築き成長していく若者をコメディタッチも交えながら瑞々しく描いた本作。早熟で自分を強く持ったアンバーと一緒にいることで、エディが徐々に自分を開放していきます。ファッションや音楽も本作の重要な要素となっており、90年代のUKということでOasisやBlurなど、大人の方はつい反応してしまうでしょう(笑)

    「シング・ストリート」や「(500)日のサマー」が好きな方にもきっと響くはず。ぜひ劇場でご覧ください!

    公式サイト→https://dating-amber.asmik-ace.co.jp/
    1/13(金)~1/26(木)の期間限定作品

    J MAX THEATERとやま

    © Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

  •  

    【とやま】スタッフおすすめ作品★12/30(金)~1/12(木)「フラッグ・ディ父を想う日」★

    2022.12.27 投稿

    いつも JMAX THEATERとやま をご利用いただき、誠にありがとうございます。超大作や話題作が出揃う年末年始。海の楽園が舞台となるあの映画の続編やバスケの人気アニメなんかはチェック済みですよね。加えてキラッと光るいぶし銀のような映画もラインナップするのがJ-MAXとやまです!そんな中から今回は12月30日から上映するアメリカ映画「フラッグ・デイ父を想う日」を紹介します。年末年始の映画鑑賞リストに是非入れてください。

     本作を監督し主演もこなしたのがショーン・ペンです。アカデミー賞の最優秀主演男優賞を2回受賞して3大映画祭でも多数の受賞歴があって、映画を撮ればその監督作がアカデミー賞にノミネートされちゃうという凄いキャリアの映画人です。今年63歳のショーン・ペンは、20代から俳優として数多くの作品に出演しているので皆さんも彼の出演作の何作かは観ているのではないでしょうか。今年はドキュメンタリー映画を撮るためカメラ片手にウクライナに乗り込んだり、アカデミー賞授賞式でゼレンスキー大統領のスピーチの機会を設けるよう要求したり。還暦過ぎてもまだまだ血気盛んなお方です。

     さて、映画の紹介をしますね。ショーン・ペンが15年かけて実現させた企画が本作「フラッグ・デイ 父を想う日」です。口から出まかせのろくでもない父親と、そんな父親に振り回される娘の実話ベースの物語。娘の幼少期から大人になるまでの成長譚とその時折の彼女の心象風景を軸に物語は展開します。なんと言っても一番の注目は、娘役をショーン・ペンの実の娘ディラン・ペンが演じたことです。成長とともに娘の心は揺れ動きます。不安、怒り、失望・・・。それでも、平凡な日々を見違えるほど驚きの瞬間に変えてくれた幼い頃の父との思い出は彼女の大切な宝物。遂には米国史に残る事件を犯してしまう父親であっても心のずっと奥の方には父親への愛情が変わることなくあるのです。そんな細かな心の機微を表現できるのは実の娘だから。そう感じずにはいられません。この映画を構想し始めた15年前まだ子供だったディラン・ペンは、この役を演じることができる女優に成長したのです。そう思うと、この映画はそれが十分に熟すその時を待っていたということなのでしょう。この映画は、時が過ぎゆく感じの人生の美しさを描きたいと16mmフィルムで撮られています。父と娘、二人の過ごした日々を追憶するざらついた映像は皆さんの心に深い余韻を残すことでしょう。

    今年も残すところわずかとなりました。心に残る映画との出会いはありましたか?今年の映画納め、そして新年の映画初めもJ-MAXとやまの上映作品でお楽しみください。皆さんのお越しを心よりお待ちしております。それでは、よいお年をお迎えください。

    ※ 公式サイト貼り付け→https://flagday.jp/
    ※「フラッグ・デイ 父を想う日」は12/30~ 上映 2週間の期間限定です。お早めに!!

    Ⓒ2021 VOCO Products, LLC

  •  

    【とやま】スタッフおすすめ作品★1/6(金)~1/19(木)『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』★

    2022.12.20 投稿

    いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
    いよいよ雪が降って参りましたね。寒い毎日ですが、皆様、暖かい映画館でぜひ、気になっている映画をご鑑賞下さい。

    ビー・ジーズというバンドをご存知ですか?「人生のサウンドトラック」ともいえる名曲の数々を生み出したバンドです。様々な賞を受賞し、多くのアーティストに多大な影響を与え続けている伝説的なバンドの音楽人生を描いたドキュメンタリー映画「ビー・ジーズ 栄光の軌跡」を紹介させていただきます!

    ビー・ジーズは英国出身のバリーと双子の弟ロビンとモーリスの3兄弟によるグループです。全世界売上枚数2億2千万枚超、全英・全米No. 1ヒット20曲、グラミー賞8回受賞という偉業を成し遂げ、半世紀を超えるキャリアを築いています!そんな華々しい経歴を持つ彼らの栄光と挫折を描いた音楽ドキュメンタリー映画となっています。

    この3兄弟がどのように成長していったか、兄弟間で生じた確執やグループ解散の危機、そこからヒットチャートに登りつめていく姿が貴重な写真や未公開ムービーと共に明らかになっていきます。ファルセットを多用したり、R&Bの影響を受けた楽曲を作ったりと新しい音楽への挑戦がいくつもありました。今でも語り継がれ、人々の心に触れるような名曲の誕生の瞬間を体験できるような構成になっています。ギブ3兄弟の中で存命しているバリーや当時の彼らを知る人々のインタビューからは熱い思いが伝わってきます。1970年代には「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラックで一大文化現象を起こした彼らですが、その後も人気の浮き沈みに悩まされます。ディスコブームから反ディスコ運動による逆風など彼らの音楽人生はジェットコースターのように波瀾万丈なものでした。音楽文化の移ろいに振り回されながらも、危機を乗り越えていく彼らの熱い姿勢には心打たれること間違いなしです。その他にも様々なアーティストに楽曲提供することで作曲家としての実力を発揮するなど彼らの活動は多岐に及びました。

    グループとしての成長、解散危機、ブレイクと挫折など時代の波に飲まれながらも懸命に音楽家として活動し続けたビー・ジーズ。

    夢を追い求めて走り続けるギブ3兄弟の姿を劇場でぜひご覧ください!ご来場お待ちしてます。

    公式HP https://thebeegees-movie.com/
    期間限定上映です。お早めにお越し下さい。

    J MAX THEATERとやま

    © 2020 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

  •  

    【とやま】高志の国文学館にて、映画「ラーゲリより愛を込めて」特設コーナー開設中!

    2022.12.20 投稿

    いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

    映画「ラーゲリより愛を込めて」の原作者辺見じゅんさんは富山市出身であり、高志の国文学館の初代館長就任に内定していたのですが、開館前の年にお亡くなりになられました。
    高志の国文学館では辺見じゅんさんのライブラリーが常設されており、今回、原作が映画になるということで、特設コーナーもございます。

    ぜひ、皆様、映画「ラーゲリより愛を込めて」をご鑑賞後、高志の国文学館へお越しくださいませ。

    高志の国文学館HP
    https://www.koshibun.jp/tid=100534

    J MAX THEATERとやま

    ©2022『ラーゲリより愛を込めて』製作委員会 ©1989清水香子

  •  

    【とやま】映画「人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版」舞台挨拶開催!

    2022.12.03 投稿

    いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

    本日12/3(土)、「人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版」の舞台挨拶にお越し頂きまして、誠にありがとうございます。
    武石監督と「富山で限界に挑戦している人たち」富山ランニングクラブ東条叙宏さん、Club MSR稲崎謙一郎さん、SALLYS RUNNING CLUB野嶽千春さんとのトーク対談は限られた時間の中では内容の濃いお話がたくさん聞けましたね!
    作品をご鑑賞され、衝撃を受けたお話をはじめ、孤独との戦いをする自分と重ねてみたり、山野井泰史さんご夫婦のように限界に挑戦する姿は大変だけども、常に前を向いて好きなことに挑戦していることは本当に幸せな人生を送っている!とも思えるなど、素敵な感想がありましたね!
    今回の舞台挨拶は「感動」の連続でした。様々なご縁から繋がり、満席という素晴らしい舞台挨拶となりました。
    サイン会も盛り上がりましたね!

    武石監督、素敵な作品を舞台挨拶をありがとうございました!

    「人生クライマー山野井泰史と垂直の世界」は大ヒット上映中です!
    ぜひ、当館でご鑑賞ください。

     

    【とやま】スタッフおすすめ作品☆12/2(金)~12/15(木)『アフター・ヤン』☆

    2022.11.29 投稿

    いつも J MAX THEATERとやま をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。今回紹介する作品は「アフター・ヤン」。人工知能(AI)を持つロボットが登場する映画です。SF作家アイザック・アシモフが1950年の自著の中で提示した「ロボット工学三原則」があります。一.ロボットは人間に危害を加えてはならない。二.ロボットは人間から与えられた命令に服従しなければならない。三. ロボットは前掲第一及び第二に反する恐れのない限り自己を守らなければならない。この三原則は後のロボット映画の重要なルールとなりました。この三原則をもとにしたロボットVS人間 という対立構図の映画がいくつも作られています。しかし、次々とエッジの効いた作品を発表している気鋭の制作スタジオA24は、従来のロボット映画とはまったく異なる切り口で「アフター・ヤン」という映画を作り上げました。それは、AIロボットと暮らした家族の切なく静かで美しい近未来の物語でした。

    茶屋を営むジェイクと妻のカイラは、幼い養女・ミカと、“テクノ”と呼ばれる人型ロボットのヤンとともに暮らしています。夫婦にとってヤンは息子のような存在でありミカもヤンを兄のように慕っています。ある日、ヤンが故障して動かなくなってしまいます。ジェイクはヤンを修理しようとしますが困難を極めます。そんな中、ヤンの内部に一日あたり数秒間の映像が記録できる“メモリバンク”と呼ばれるパーツがあることを知ります。そこには、ジェイクの家族と過ごした日々の記録がありました。そして、ジェイクたち家族も知らない物語も残されていたのです。

     白人の夫、黒人の妻、中国系養子の娘、そしてロボットのヤン。作品にはクローン人間も登場します。おのずと、多様性が認めらる社会というテーマが伺い知れます。本作のコゴナダ監督は韓国で生まれアメリカで育つ中で、ずっと、人と違うという感覚を持ち続けてきたと言います。そんなパーソナルな背景が反映されています。そして“記憶”ということも重要なキーワードです。一日あたり数秒間しか記録できないメモリにヤンが残したのは単なる“記録”ではなく、かけがえのない大切な日々の“記憶”なのです。多様性のある近未来社会を描きロボットの残した記憶を辿ることで、じゃあ人間らしく生きるとは?そんな問いをコゴナダ監督はしているのではないでしょうか。少ないセリフで余白を残した静かなタッチの演出が心に沁みてきます。映画を観た人ひとりひとりの“記憶”でその余白を埋めてくださいという監督の想いなのかもしれません。

     2017年にサウジアラビアで開かれた国際会議において人型AIロボット「ソフィア」がサウジアラビアから世界で初めて市民権を与えられました。AIロボットと共生する社会、もう遠い未来の話しではありませんね。

    ※ 公式サイト→https://www.after-yang.jp/
    ※「アフター・ヤン」は12/2~ 2週間限定上映

    ⓒ2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

  •  

    11/11(金)・12(土)マルート前にて、「TSC富山駅前ナイトシネマ」を行いました!

    2022.11.14 投稿

    いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

    11/11(金)・12(土)マルート前にて、「TSC富山駅前ナイトシネマ」を行いました。

    大きなエアースクリーンに映し出される作品にたくさんの方々にご鑑賞頂きました。

    「ラ・ラ・ランド」を観に来られた御婦人は「昔を思い出すわ~懐かしくて、心がワクワクする♫」、
    「SING」を観に来てくれたお子ちゃま達の中に椅子に座りながら、笑顔で手拍子する小さな女の子、スクリーン近くで、立ち出して踊り出す男の子、お父さんもお母さんもみんな喜び溢れる上映会となりました!
    天候にも恵まれ、素敵なイベントとなりました!

    映画館は誰もが幸せになれる場所
    ココロの遊び場です!

    ぜひ、J MAX THEATERとやまへお越し下さいませ。

     

    【とやま】スタッフおすすめ作品☆「アムステルダム」☆

    2022.11.01 投稿

    いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

    今日は、豪華キャストが話題となっている映画「アムステルダム」をご紹介します!

    1918年、第一次世界大戦末期のヨーロッパで、医師のバート(クリスチャン・ベール)、看護師のヴァレリー(マーゴット・ロビー)、弁護士のハロルド(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は出会い、親友となります。あれから約15年、ひょんなことからバートとハロルドが殺人事件の容疑者となってしまい、その濡れ衣を晴らすためある作戦を実行します。しかし、それは思いがけず、全世界に渦巻く巨大な陰謀へと巻き込まれていくことに…。

    本作のタイトル「アムステルダム」とは、バート、ヴァレリー、ハロルドが友情を深めたオランダの首都。本作を象徴する3人の愛と友情の行く末を、「世界にひとつのプレイブック」(2012)や「アメリカン・ハッスル」(2013)で知られるデヴィッド・O・ラッセル監督が、史実とフィクションを交え描きます。前作から7年ぶりとなる本作にも、鬼才らしさが満載!歴史の裏側に皮肉と喜劇を交え、独特のストーリーを展開しています。特筆すべきは豪華キャスト陣。主演の3人のほか、鍵を握る人物のアニャ・テイラー=ジョイ、ラミ・マレック、そして「こんなところに!?」なロバート・デ・ニーロなど。個人的には、ネタバレになるため詳細は伏せますが、テイラー・スウィフトの役柄に監督特有の毒っ気あるユーモアを感じました(笑)。

    「権力者が自らの利権のため、国民の生活そして命を犠牲にする」という、戦争が終わった現代にも通ずるテーマがどう描かれているのか。ぜひ劇場でご覧ください!

    アムステルダム
    https://www.20thcenturystudios.jp/movies/amsterdam

    ぜひ、J MAX THEATERとやまでご鑑賞下さい。

    J MAX THEATERとやま

    ©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

  •  

    【とやま】スタッフおすすめ作品☆11/4(金)~11/17(木)「AKAI」☆

    2022.11.01 投稿

    いつもJ MAX THEATERとやまをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

    「浪速のロッキー」という愛称で呼ばれたプロボクサーをご存知でしょうか?多くの人を熱狂させたボクサー赤井英和のドキュメンタリー映画「AKAI」の紹介をさせていただきます!

    赤井英和は1980年にプロボクサーとしてデビューします。なんと彼はデビュー以来12試合連続ノックアウト勝ちという快挙を成し遂げました。私たちの知らない彼の一面が過去の試合映像や現在のインタビュー映像で鮮明に描かれています。世界王者「ブルース・カリー」に挑戦した試合など激しい戦いが盛り沢山です。普段ボクシングを見ることがない私ですが熱い試合展開にとても息を呑みました。

    コロナ期間中の家での生活や妻との日常など現在の赤井の映像など微笑ましいシーンもたっぷりです。そんな穏やかな映像からは想像もできない前のめりで攻撃的な試合スタイルで赤井は相手をどつきたおしていきます。試合後のユニークなインタビューやテレビ番組での愛嬌のあるキャラクター性からも多くの人が魅了されたことがわかります。
    最高に強くて最高にかっこいい日本のヒーローの姿がぎゅっと濃縮された映画となっています!

    そして、この映画は息子の赤井英五郎さんが制作したものでもあります。家族だからこそ撮ることができたリラックスした状態のインタビューや日常生活のシーンも見どころです。

    ボクサーとしての赤井英和を知らない方でも胸が熱くなること間違いなしの映画となっています。リングでの勇姿だけでない彼の歴史と人柄を知ることができるドキュメンタリー映画です。是非劇場で最高に熱くてカッコいい浪速のロッキーの姿をご覧ください!

    公式HP https://gaga.ne.jp/akai_movie/
    11/4(金)~11/17(木)までの期間限定で上映です。
    お早めに!!

    J MAX THEATERとやま

    ©映画『AKAI』製作委員会

  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

    ページトップへ戻る

    © JMAX THEATER .ALL RIGHTS RESERVED.